もうこの車には乗らないかも…そんなときはどうすれば?

産婦人科では、生命の誕生に立ち会える仕事という印象が強く、以下の3つのタイプが産婦人科の看護師に適任です。
・子供が生まれることに喜びを感じる
・患者さんへの観察眼を持っている
・助産師資格を検討している

この3つは、産科を中心にしていますが、最近では少子化が進んでいるため産科を廃止して、婦人科のみとしている病院もあります。婦人科での適正でだと以下の2つも必要になります。
・女性として悩みの共有ができる
・患者さんの不安を丁寧に聞き取れる

産婦人科として全てを受けている病院では、妊娠や出産を担当する産科と、女性特有の疾患を担当する婦人科を受診する患者さんの間で温度差があります。出産に関わる明るい雰囲気の産科では、患者さんに暗い顔が見受けられないのに対して、子宮や卵巣の疾患を抱える婦人科の患者さんは「病気の治療」と言う重々しい空気があります。

この異なる状況の中で、看護師はどちらの患者さんにも公平な対応をしなくてはいけません。気持ちの切り替えが早く、相手の立場に立って考えられる看護師が、患者さんにとって理想的な姿なのです。

産科のイメージを強く持って、小さな命の誕生に全てをかけようと志望する看護師には、多少のギャップが見えるかもしれません。婦人科も含めた上で、産婦人科で求められる看護師像を理解しましょう。

また、出産に係る処置では、責任感を持って対応することが必須です。成人の患者さんよりも、新生児に起こる症状は深刻になりやすく、注意深い観察が出来なくてはいけません。些細な変化も見逃せないですし、新生児は具合が悪いことを言葉で伝えることができないからです。

常勤看護師になると、時間の拘束もキツイ病院がありますので、ライフスタイル重視の看護師には適さないこともありますよ。ルーティンワークが多い中でも、緊急での対応が必要な処置が産婦人科にはあります。業務内容や雇用形態も確認した上で、対応可能なのか検討する必要があるでしょう。

ページTOPへ